モテる技術セミナー
モテる技術セミナーや恋愛に関する話題を投稿します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【恋愛ハック】解説『モテる技術』 その5
今回は『モテる技術』 (ソフトバンク文庫)の、"第5章"の前半を解説します。
*本書について、質問や感想がありましたら、気軽にコメントしてください。

■要約とポイント
○第5章 失敗しない声のかけ方

この章では、どのように女性に声をかければよいかについてまとめられています。
今回は、声をかけることの基本的な考え方について要約します。

1.恋愛に理屈で望まない
よく、女性に対しては、率直で正直な態度が好感が持たれると考える男性がいます。
また、女性に声をかける時に分析的に会話を考えたり、理屈で話をしようとする男性がいます。
しかし、こういった理屈っぽい態度や考え方は多くの場合、女性から好感がもたれることはありません

2.女性との会話は男性との会話とは違う
1とも関連しますが、男性の友人どうしでは、理屈っぽい会話や率直な会話が好まれる事があります。
しかし、女性との会話はその場をいかに楽しくするかという、より直感的で感覚的な物が求められます。
例えば、冗談交じりの会話や、明るくその場が盛り上がるような、遊び心のある会話が好感をもたれます。
会話をしたときに、"一緒にいて楽しい"という感情を持ってもらうことがとても重要です。

3.女性に声をかける効果
多くの男性、特にモテない男性は面識が無い女性や親しくない女性に声をかける習慣がないと思います。
しかし、女性に声をかけることには、とても多くの効果があります。
*声をかける効果
・信頼関係を築き、発展的な関係につなげる
・相手を知る
・女性を安心させる
・女性と会話する技術を磨ける
・生産的な男性(女性を楽しませる男性)になる

したがって、声をかける習慣を身につけることはモテる第一歩であるとともに、とても重要な事です。

4.声をかけるときにしてはいけないこと
声をかけることの第一の目的は、女性を楽しませ、恋愛対象の候補になることです。
なので、やみくもに会話をすればよいわけではなく、いくつかのルールを踏まえて、話をする必要があります。
具体的な注意点は以下です。
(1)無作法
礼儀作法をわきまえない、失礼な話題、話し方。
(2)相手の外見についての冗談
相手の容姿を冗談にすること。
(3)暴力や下品な冗談
男同士で話をするような暴力や下品な冗談。
(4)自分を冗談のネタにする
普通に笑わせる場合には友好だが、恋愛対象として見られたいなら自分を卑下したり、貶めるような冗談は言わないこと。

5.好ましい声のかけ方
4の逆に、好感が持たれる話し方は以下です。
(1)4のルールを踏まえた上での冗談
間の抜けた質問や、笑わせるための勘違いなど。
もちろん、相手にわかるような物(単純な冗談)であること。
(2)にっこり笑って挨拶
(3)相手が詳しいことを尋ねる
(4)簡単な質問

相手が迷惑でない範囲で、気になったことを聞いてみる。
(5)自分にとって魅力的だと伝える
自分が相手をどのように思っているか、雰囲気のある言葉で伝える。

■感想
5章は女性との出会いや距離の縮め方についてとても多くの事が書かれています。
このため今回は2回に分けて記事にする事にしました。

この章の内容も、自分の今までの多くの振る舞いが駄目だった事を理解させてくれます(汗)
親しくない女性に声をかける習慣はないし、理屈っぽく、率直に話をする(盛り上げようとする気持ちが足りない)ことが多かったと思います。

今はこれを以下に克服するかに挑戦しています。

話は変わりますが、5章を呼んでから、女性向けのマンガや小説などを見ると、ちゃんと4や5のルールがちゃんと守られているので、驚きました。


*その他過去の恋愛ハック記事はこちら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://moterugizyutu.blog.fc2.com/tb.php/6-a0889e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。