モテる技術セミナー
モテる技術セミナーや恋愛に関する話題を投稿します。
【恋愛ハック】解説『モテる技術』 その1
今回は『モテる技術』 (ソフトバンク文庫)の、"はじめに"~"第1章"を解説します。
*本書について、質問や感想がありましたら、気軽にコメントしてください。

■要約とポイント
○はじめに

この章では、この本の書かれた経緯や、日本の読者に向けてのメッセージが書かれています。

1. まずこの本から教わろうという気持ちを持つこと
この本はアメリカで実証的な調査や実践の結果書かれた本です。
多少文化の違いは合っても基本的にはこの本に従うことで、恋愛についてのノウハウを学ぶことができます
まじめに、この本から教わろうという姿勢がまず大切です。

2.仲間を持つ
今まで恋愛経験が少なかった人は、まったく未知の分野に挑戦することになります。
わからないことや、うまくいかないこともたくさんあると思います。
一緒に悩み応援してくれる人がいることは、とても心強いです。

3.文化の違いで修正する
著者が日本の読者向けに、日本向けにノウハウを修正してほしいと書いています。
しかし、これこそがもっとも重要でしかも難しい問題だと私は考えます。
以降の解説ではこの部分にもふれていきたいと思います。

4.ゆっくりやる
ここにかかれたノウハウをいきなり全部実行することは不可能です。
少しずつ気長に、楽しみながらノウハウを学んでいくことが重要です。

○第一章 モテたいあなたへ
この章では、モテない男性が犯しがちなミスについてまとめられています。

1.恋愛が偶然始まることは稀
フィクションの世界では恋愛は偶然に始まります。
また、私の周りの友人にも偶然の出会いから恋愛、結婚に結びついた人がいます。
しかし、今までこういった事に縁がなかった男性は、こういう可能性はほぼゼロなので、この"偶然の出会いからの恋愛"を一度忘れる必要があります。
毎日の努力の積み重ねが恋愛に繋がると考え方を改めましょう。

2.自分をよい人だと思っている人間ほど注意が必要
とてもやさしく、怒ったりしない人。人当たりがよくて相手を気遣える人。
一見すると女性にも好印象を与えると思われます。
しかし、ただの良い人は友達どまりで、恋愛の対象にはなりません
女性に優しくしているのに、恋愛に結びつかないと感じている人は、それだけでは駄目という認識を持ちましょう。

3.女性が男性を認めるのは、自分の要求を満たしてくれる場合
2とも関連しますが、女性が恋愛対象として男性を見るのは、やさしさに加えて、自分を楽しませてくれるというのが、非常に重要なポイントになります。
女性がロマンチックな気持ちになり、一緒にいる時間が楽しいと思うような男性が恋愛をすることができます。

4.場合に応じてもっともふさわしい自分を出すこと
常に振る舞いを変えない人、率直に自分を出す人が誠実だと思いがちです。
普通の人間関係であれば、これは正しいことだと思います。
しかし、女性との間で恋愛関係になりたければ、このやり方は正しくありません
3で書いたように、自分の中にあって、女性を引きつける部分を出して、相手を楽しませることが大切です。

5.女性は創造的で生産性の高い男性を好む
何もしなくても女性を楽しませられるなら問題ありませんが、そうでなければ、常に工夫をして、相手を楽しませる努力が必要があります。
それこそが女性の恋愛する気持ちを大きくさせ、維持するものだからです。
普段の自分のままでの自然体での付き合いに憧れますが、それだけで相手を満足させられないのであれば、努力は必須です。

6.悩み事の相談にのっても交際はできない
女性は、悩み事の相談にのってくれる男性と、恋愛対象の男性は、全く別と考える場合が多いようです。
お互いのことを率直に話せる仲は男性には魅力的ですが、女性に異性として意識して欲しいのであれば、良い関係ではありません
自分が恋愛対象であることを積極的にアピールしていく必要があります。


■感想
とにかく文章がウイットに飛んでいて面白く、ぐいぐい引き込まれました。
アメリカ的なプレイボーイを目指す姿勢で書かれているので、賛同できない部分はありますが、自分の経験をとっても、この本の指摘は的を射ていると感じました。
また、第一章では自分の間違いの多くを指摘されて、"あぁ、あれが駄目だったのか…"と思うばかりでした。


*その他過去の恋愛ハック記事はこちら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://moterugizyutu.blog.fc2.com/tb.php/2-dd10f8d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)