モテる技術セミナー
モテる技術セミナーや恋愛に関する話題を投稿します。
モテる技術実践編(1)
少し前に、「モテる技術」という本を紹介しました。

この本を読んだきっかけは、自分の女性へのアプローチ方法に限界を感じたからです。
そして、実際にこの本には、私の行動の誤りがとても多く指摘されていました。

この結果を踏まえて、「モテる技術」の内容を早速実行することにしました。

といっても、最初の出会いのための訓練しかまだ実施していません。
それでもいくつか効果があったので、紹介します。
-------------------------------------------------------
■目標
・自分のブランディングを「安心」「生産的」「楽しい」にする
・普段出会う女性に気軽に話しかけられるようになる
・出会いの機会があれば、どんどん声をかける(1人ずつ返事を待たない)

■やったこと
・出会いサイトのブランディング変更。
 「安心」「生産的」「楽しい」をアピールする
・出会いサイトでとにかく気になった人にどんどんメールを出す。
 メールをやりとしている間も気になった人にはどんどんメールをだす。
・普通のお店の店員さんに男女問わず、より多く声をかけるようにする。
 (挨拶、お礼、日常会話)

■成果
・出会いサイトで3ヶ月に個人のメールアドレスを3人から教えてもらいました。(過去2年では1人だけ)
・今までより普段のコミュニケーションが男女を問わずできるようになりました。
・今までと違う成功率の高い、アプローチ方法を少しですが身につけられた実感があります。

■コツ
(1)とにかくやってみる
今までと違うことなので、あれこれ想像するより、とにかくやってみないとわかりません。
まずは何か1つ挑戦して、その結果を評価する形で、スキルを身につけていきます。

(2)成果がでるまで時間がかかる
実際に成果が出始めたのは2月目くらいからです。
新しいことを挑戦するのは、最初はうまくいかないものです。
ルーチン化して楽しみながらやりましょう。

(3)ハードルが低いものからやる
特に声をかけるものは敷居が高く、最初はまったくできませんでした。
なんども家で練習をして、イメージトレーニングも繰り返しました。
そのように準備を十分にしてまずは、やりやすいものから1つずつやっていくとよいです。

(4)必ず結果の振り返って評価をする
(2)でも書いたように、最初はうまくいきません。
うまくいかないことを繰り返しても結果は変わりません。
うまくいかなかったときは記録を残して、次回は少しでも改善して行うようにします。

(5)敷居が高ければ1個ずつ挑戦する
身につけることはたくさんあります。
だからといっていっぺんにいろいろやろうとすると、すぐにイヤになってしまいます。
また、すべてが身につかなくなります。
小さなゴールを決めて1つずつやると良いと思います。
-------------------------------------------------------
このようにモテる技術の習得に力を入れて、3ヶ月くらいで少しずつ成果がありました。
しかしこの後、別の重要な出来事があって、モテる技術の挑戦は途中で止めてしましました。
とういことで、また7月から再開しようと思っています。

この実践の情報については、今後もブログでも紹介したいと思います。

スポンサーサイト